男性が主に活躍していた昭和の時代から平成に時計の針が進み、世の中の仕組みは大きく変わってきたように思います。
中でも顕著なのは働き方の変化、なのではないかと思います。
国や自治体での対策も進んでいて、例えば神奈川県などは女性のキャリアアップ・仕事の定着への制作を公開していますね。

男性だけが活躍していた時代は過ぎ、今では女性も多くの職場で目覚ましい活躍をみせています。
女性のみなさんは一定の年齢に達すると結婚や主産、育児など様々な人生の転機を経るため、一貫して打ち込める仕事を探すのは難しい部分もあります。
でも、一生懸命働けるときにはできるだけキャリアアップしたいと思うのも当然ですよね!

そこで、今回は女性が“アパレル業界において”キャリアアップを目指した転職を行う場合に確認しておきたい4つのポイントについておさらいしたいと思います。

◆Point1.正社員登用はマスト!◆

何はともあれ、基本的にアパレル業界ではアルバイト勤務でお金を稼ぐなんてことは期待できません。
むしろ、正社員待遇であっても厳しく感じる人も多いのではないでしょうか。

もし皆さんがアパレル業界を目指した転職を狙っているのであれば“最低限”でも正社員での雇用を目指した方がいいでしょう。
中には契約社員や派遣社員という手段もありますが、突然契約更新されなくなるなどのデメリットも大きく、不景気の昨今ではあまりお勧めできません。
しっかりとした待遇で雇ってもらうことはマストと言えます。

◆Point2.向上心こそがモチベーション◆

更なるキャリアを目指すのなら、もっとも大切なのは向上心です。
自分自身を高めていきたいという気持ちをモチベーションにすることができれば、アパレル業界で更なるキャリアアップを目指すための意識付けになるでしょう。

この業界では漠然と稼ぎたい、オシャレなものに囲まれていたいというようなフワフワした感覚では長続きせず、またキャリアは詰めません。
向上心を強くもって、ぜひ頑張ってください。

◆Point3.なりたい姿をイメージしよう◆

アパレル業界で働く場合、具体的にあなたがなりたい姿をイメージすることがとても大切です。
ただ販売するだけでは長続きしません。
最終的に買い付けで海外を飛び回るバイヤーを目指したり、自分のセンスを活かして商品企画の道へ進むなど、その先のステップを具体的にしておくことが大切です。

特にこの業界では、先ほども述べたように店員では稼ぐことができず頭打ちになってしまいます。
キャリアアップを狙うには、本社勤務に絡む職種への転職が必要不可欠なのです。