アパレルで働くのに関して、続いて事前に確認をとっておきたいのは「社割」についてです。
またアパレルで一度も働いたことがない皆さんにとっては何の話?となるかもしれませんが、実はアパレルショップなどで勤務をすると、多くの店舗では社内割引販売をしており、そのブランドのお洋服を安く購入することができるメリットがあるのです。

もちろん、アパレル求人をチェックしていれば、しっかりとその旨を最初から書いてくれているものもあります。
さて、このお財布に嬉しい割引システムについて、今回はご紹介してまいりたいと思います。

○そもそも何故割り引き制度があるの?

これはよくよく考えてみれば分かることですが、販売する側にとって大きなメリットがあります。
まず第一に、ブランドショップの店員である皆さんに自社の商品をしっかりと着用してもらうことは何よりも大切なことです。

実際に使用してみることで初めて気がつく事も多いでしょうし、他人に使用感などについて話をすることができるようになります。
いざ店舗で働いてみたときには、既にあなたはブランドの顔としてプロの販売員にならなければなりません。

そのとき、他のブランドのお洋服ばかりを身につけていたとしたら、お店の商品をしっかりと売る事ができるのでしょうか。
つまり、そういうことなのです。
お店の服をオシャレな販売員に着てもらうということは、そのまま販売促進活動にも繋がるので、会社からすれば大きなメリットのあるシステムになっているのですね。

○社割について

まず、どれぐらいの価格で購入できるのか、そこが最初に気になるところですよね。
これはお店によって異なりますが、大抵は店頭価格の3割から5割引程度で購入できるケースが多いようです。
また、適用対象商品となるのは、基本的には正規価格の商品であり、セール品は除外という場合が多いようですね。

ただ、通常の割引価格よりも更に安い価格で割引セールを社内向けに行う(サンプル品のセールなど)こともよくありますので、そのお店の服が好きなので、欲しくて仕方がない!という方にとっては、お給料をもらいながら服を安く手に入れることのできる、とてもメリットのある職種となるのではないかと思います。

○でも結果的に費用負担が増えるのでは?

社内の割引価格で服が購入できるというのはとても嬉しいことですが、しかし最終的には自己負担となる費用がある程度かさんでくる、というのが実情です。
どうしても自社ブランドの商品を購入する必要が少なからず出てきますので、出費が多くなることも計算に入れておいた方がいいでしょう。

確かに安く購入できるというメリットは大きく感じますが、だからといって大量消費してしまうと、経済的な負担ばかりが大きくなってしまい、家計を圧迫することにもなりかねません。
節度を持って、計画的に踏み切りたいところですね。